事例・お客様の声|詳細

工夫次第で手軽にできるオリジナルカーテン。キッチン&リビング編。

創業から40年以上。オーダーカーテン・じゅうたん・リフォームの大垣市の「しかの」では、 たくさんのお客様のご自宅にうかがい、インテリアコーディネートやリフォームのお手伝いをさせていただきました。こちらではその実例の一部と、お客様からお寄せいただいたお声を紹介しております。このほか、ご質問やご相談はぜひお気軽にお問い合わせください。

工夫次第で手軽にできるオリジナルカーテン。キッチン&リビング編。

  • アパートのオーダーカーテン。
  • 施工年月:2019年1月
  • 地域:岐阜県大垣市

ご要望

しかのスタッフの自宅カーテンです。

アパートなので、C型カーテンレールが付いています。本当はカーテンレールを替えたいけれど、賃貸なのであまり大げさなことは出来ません。

そこで、レールを隠してきれいに見える方法はないかと考えました。

しかも、なるべくお金をかけずに...。

ご提案

今付いているレールを利用して、バランス(上飾り)を付けてレールを隠すことにしました。

キッチンは、窓のすぐ横にガスレンジがあるので、カーテンだとひらひらして邪魔になるのと危ないという点から、ブラインドにしました。

カーテンレールにブラインドのブラケットを取付けできる部品を利用して、窓側のレールに取付け。

部屋側のレールには、カーテン生地で作ったバランスを付けました。

ブラインドは、カラーコーディネートシリーズのフリープランという、自分で好きな色と枚数を組み合わせてオーダーできるタイプのものです。

次に、キッチンとリビングの間の戸を外したので、そこに間仕切りカーテンを付けました。

テンションポールにリングランナーを通してカーテンレールに。

両サイドにオレンジの生地を継いで、アクセントにしました。

リビングの窓には、オレンジの遮光2級カーテンを。

レースカーテンは、窓枠内にテンションポールでカフェカーテンにしました。

そして、窓側のレールにドレープカーテンを、部屋側のレールにバランスを取り付けました。

ひだは1つ山にして、ひだとひだの間隔を狭く作りました。窓側のレールにドレープカーテンを付けるので、カーテンを開けたときに生地が壁に擦れてしまいます。少しでも当たるのを軽減するためにひだ間隔を狭く、価格を抑えるために1つ山としました。