展示カーテンを替えました。

展示カーテンを替えました。

2018/08/08

夏休みも中盤に差し掛かってきました。お子様がいらっしゃるお家の方は、宿題の進み具合が気にかかるところ。

わが家では、大物の宿題がまだ終わっていなくて、お盆までになんとかやらなくては...と思っています。

大物の宿題とは、わたしの中ではですよ。『読書感想文』と『一課題』。

読書感想文は言わずと知れた、本を読んで原稿用紙何枚かに感想を書くやつ。これもかなり苦戦します。

一課題ってのは、絵やポスター、作文、習字などなど、いろんな課題の中から一つ選んでやればいい、というもの。

うちの子は、絵を描くという比較的簡単なものにしたにもかかわらず、まだやれていません。「どこにも遊びに行ってないから、描くことがない」と言うけど、こっちは、何でもいいじゃん。と思うんですけどね。

でも、題材を見つければ描く気になるだろうから、『バッタを捕まえているところ』を描こう!と言って、外へバッタを捕まえに行きました。

猛暑真っ只中。暑かったー...

「絵のモデル なってと、親子で バッタ追う」

毎日の一行日記を五七五で書く、という宿題もあります。

 

宿題の話はさておき。

店内のカーテンの展示を少し替えてみました。

フロントレースシリーズ。

オパール加工のレースのカーテンです。

オパール加工とは織物に透かし模様をつける加工法です。酸に強い繊維と酸に弱い繊維を複合した織物に、硫酸などの酸化剤で捺印をして模様を付けると、酸に弱い繊維が抜け落ち、透けて見える状態になり、酸に強い繊維が模様として残ります。

透き通るしずく柄が爽やかできれいです。

そしてこちらは、白いカーテンに黒いレースを合わせてシックに。

クラッシックな重厚感のあるドレープカーテンに、光沢のある糸を使った美しいレースカーテンを。