お座敷すだれの取付けで暑さと緊張の汗

お座敷すだれの取付けで暑さと緊張の汗

2020/07/20

お座敷すだれの取付けで暑さと緊張の汗

【お座敷すだれの取付けで暑さと緊張の汗】

岐阜県大垣市のカーテンShikano(しかの)の川口です。

 

昨日は、久しぶりの晴れ間でとても暑かったですね。

店内もエアコンがついているとはいえ、動いているととても暑いのです。

午前中に、カーペットを6本買ってくださったお客様がいらっしゃったので、3帖2本はそのまま、6帖4本は車に入るようにたたみました。

わたしともう一人の女性スタッフでたたんで、カーペット売り場の2階から1階まで運んで、汗びっしょり!

いい運動になりました。

運動もできるインテリアショップ。。。

 

そして、午後からは、わたしが先日採寸させていただいた「お座敷すだれ」の取付けに行ってきました。

雨の日には取り付けたくなかったので、急でしたがお天気の良かった昨日、取付けさせていただくことに。

その施工例はこちら→ https://www.i-shikano.co.jp/case/post-116/

 

施工例の写真通り、和の趣のある本当に素敵な空間でした。

しかし、取付けはけっこう大変でしたーーー!

 

というのも、実際取り付けるのは初めてで、お座敷すだれが売れたのも超久しぶり。

わたしがしかのに復帰してからは、ほとんど売れたことがないんじゃないかと...

その昔(20年近く前)、わたしが入ったばかりのころでも、年に2~3回くらいしか売れなかったような。

 

しかも、今回は既製品のサイズでは合わないので、別注で作るということに!

これは採寸に伺わなければと、先週行ってきました。

 

さて、1週間で出来上がってきたので、いざ取付けに。

日本の伝統工芸「簾」です。

手作業で作られる美しい作品でした。

 

お座敷すだれは、和室の部屋と部屋の間とか、縁側に出るところとかに付けることがほとんどですが、今回は、窓に取付けしました。

障子が入っているのですが、夏に網戸にして風を通すとき、外から中が丸見えになってしまうので、すだれを掛けたいというご要望だったからです。

 

 

長押に取り付ける金具を使って、すだれを掛けます。

 

 

長押の高さに合わせて調節できる便利な長押掛です。

 

手作りのすだれなので、1つ1つ微妙にサイズが違います。

1つずつサイズを合わせ、なるべく均等に付けられるよう長押掛を取り付けるのに、えらい時間がかかってしまいました...

お部屋は涼しくしていただいていたのですが、なかなかうまく付けられないのと、きれいな和室を傷つけないようにっていう緊張と、脚立を上ったり下りたりしたのとで、マスクの下だけでなく、額からも汗をかきながらの作業。

上の小さいつまみを回して止めるのですが、最後指先の感覚がなくなってきた。。。

 

でも、とってもきれいな仕上がりで、なかなか見る機会がないので、経験させてもらえてよかったです!