短い夏休みの思い出は南宮山登山

短い夏休みの思い出は南宮山登山

2020/08/16

短い夏休みの思い出は南宮山登山

【短い夏休みの思い出は南宮山登山】

岐阜県大垣市のカーテン(しかの)の川口です。

 

暑いっ!しか言葉が出てきませんが、今日も猛暑です。

昨日(8/15)当店は、夏季休業をいただいておりました。

 

大垣市の小中学生の夏休みは、今日(8/16)で終わり。

こんなに短い夏休みは、経験したことがありませんよね。

宿題は少ないけれど、遊びに行く時間もありませんでした。

もちろん、コロナが流行っていますので、どこにでも行けるというわけではありませんが、せっかくの夏休み、子どもは遊びに行きたいですよねー。

 

『夏の友』っていう岐阜県の小学生の夏休みの課題の冊子に、夏の思い出を書いたり、記念の物を入れたりするのがあるんですが、「何にもなーい!」と言われました...

基本的にインドアでも平気で過ごせるうちの子たち。

コロナ自粛期間も、家で過ごすのが苦ではなかったのですが、唐突に下の子が「登山したい」と言い出して!

登山に関して全くの素人なので、登山が趣味の友人に聞き、南宮山がいいんじゃないかと教えてもらいました。

そこで、「そうだ!南宮山のことは、南宮大社の人に聞こう!」と思い、さっそく南宮大社の宮司さんにメール。

同級生なんでね。さすがのわたしも、突然知らない人に聞きません。

そしたら、ご年配の方も登ってみえる(←方言で、いらっしゃる、のこと)よーって教えてくれたので、昨日登山を決行しました。

 

まずは、南宮大社へ行ってお参りと宮司さんにごあいさつ。

昨日8月15日は、終戦記念日のためいろんな行事があり、とても忙しい中顔を見せてくれました。

南宮大社では、毎月1日と15日に花手水が楽しめます。

 

 

風鈴もたくさん飾ってあり、見た目と音色で涼しさが感じられます。

コロナ対策で、柄杓が無く、流水で清めるようになっています。

花手水というのは、手水に色とりどりのお花を飾り付けることです。

この写真を撮っている人たちが、たくさんいらっしゃいました。

 

 

さて、南宮大社の左の方に出て右に行くと、たくさんの鳥居が並んでいます。