カーペットの「くも現象」って?

カーペットの「くも現象」って?

2020/10/31

【カーペットの「くも現象」って?】

岐阜県大垣市のカーテンとじゅうたんのShikano(しかの)の川口です。

 

11月1日は「カーペットの日」!

ということで、カーペットの話題続きでいきます!

 

でもその前に。

大垣市民の広報誌「広報おおがき」の11月1日号に当店の広告が掲載されています。

 

 

5月~10月、11月~4月の半年間の契約で広告が掲載されます。

1日号と15日号各4枠ずつの計8枠、毎回応募が多くて抽選になります。

今回も見事抽選で当たりましたー!

また半年間、1日号でお世話になりますのでよろしくお願いします。

 

さて、カーペットのお話は、「くも現象」について。

一般的には、あんまり聞きなれない言葉ですよね。

新しいカーペットを敷いて2~8週間くらいの間に、カーペットの上に水をこぼしてできたような波型、または島状に、他の部分と色が違って見えるといった現象が現れることがあります。

これを「シェーディング」といいます。日本では、この現象が雲のように見えることから、「くも現象」と呼ばれています。

どんなものかというと、当店の入り口に敷いてあるカーペットにも現れていますのでこちらをご覧ください。