病院のカーテンのお取替えで焦った一幕もあり。

病院のカーテンのお取替えで焦った一幕もあり。

2021/07/20

病院のカーテンのお取替えで焦った一幕もあり。

【病院のカーテンのお取替えで焦った一幕もあり。】

岐阜県大垣市のカーテンとじゅうたんのShikano(しかの)の川口です。

 

先日、病院の診察室のカーテンを洗い替え用に全部お作りさせていただきました。

採寸に伺ったときに大先生が、

「去年初めてしかのさんにブラインドを頼んだんだけど、ホームページを見て、記事のタイトルが面白いなあと思って電話したんだよ。」

とおっしゃってくださったんですー!

かなり、すごく、とっても、うれしかったです!

これからも目に留まるブログを書けるように努力します!

 

その施工例はこちら→ https://www.i-shikano.co.jp/case/post-173/

 

 

きれいなピンクのカーテン。

これを取付けるときに、とっても焦った一幕もありました。(一幕...カーテンだけに(;'∀'))

水道があるところを目隠しするためのカーテンを取付けているときのこと。

カーテンを肩に掛けて取り付けていたら、スルスルっとカーテンが肩から滑り落ち、カーテンのすそがその水道の方へ...。

すると、ジャーーーっという音!

 

キャーーー!カーテンがぁぁぁぁ!

 

センサーで水が出て、カーテンのすそが濡れてしまいました。。。

わたしの叫び声で隣から出てきてくれた先生が、「大丈夫、大丈夫。きれいな水だし。部屋の乾燥対策になるし。」となぐさめてくれました。

本当にすいませんでしたーーー!

 

さて、本題に戻ります。

元々のレールやカーテンの施工は当店ではないですが、今回、これまで不具合のあったところも直すことにしました。

まずは、吊り下げレールのジョイント部分の修理。

Beforeはこちら。

 

 

違うレール同士が金具でくっつけてあったものの、離れてきてしまい、応急処置でテープで留めてありました。

 

Afterはこちら。

TOSOのジョイント金具をしっかりと取付けいたしました。

 

 

次は、レールの位置が低いため、ドアが当たってランナーが壊れるという問題。

Beforeはこちら。

 

 

Afterはこちら。

 

 

もうひとつ、ドレープカーテンが2倍ひだで作ってあり、開けた時にたまる部分が多くてちょっと邪魔になっていたので、生地をあまり使わない1つ山のカーテンにしました。

Beforeはこちら。