ひとり暮らしのお部屋をかっこよく

ひとり暮らしのお部屋をかっこよく

2022/04/07

ひとり暮らしのお部屋をかっこよく

【ひとり暮らしのお部屋をかっこよく】

岐阜県大垣市のカーテンとじゅうたんのShikano(しかの)の川口です。

 

この春から大学生や新社会人になる方の中には、ひとり暮らしを始める方も多いことでしょうね。

わたしも大学生になるときに、初めてひとり暮らしをしました。

6帖とキッチンだけの部屋。トイレとお風呂もあるけど。

狭いところに友達が集まって、朝まで遊んだりしたものです。

懐かしいですねえ。

でも、もっと勉強しておけばよかったなーと今になって思います。

コロナ禍で十分楽しめないかもしれませんが、大学生活を満喫してほしいですね。

 

さて、先日取り付けさせていただいたひとり暮らしの男性の方のお部屋をご紹介します。

施工例はこちら→ https://www.i-shikano.co.jp/case/post-203/

お知り合いの方なのですが、わたしがしかので働いていることを覚えていてくださって、今回ご依頼していただきました!

その心遣いがとってもうれしかったです。

大学生ではないですが、わたしよりずいぶん若い男性の方のお部屋です。

 

 

リビングには、藍色の小上がり畳を設置されるとのことで、それに合わせることに。

3階で夏は暑いと思いますので、ニチベイの「リーチェ遮熱」という遮熱効果のある生地を選びました。

夏冬通して、省エネ効果も発揮してくれることと思います。

 

カーテンレールが付いていましたが、ロールスクリーンにしたいというご希望でしたので、カーテンレールに取付けしました。

賃貸住宅のため、レールを外して取り付けるのはやめておいた方が、退去する時のことを考えると安心です。

カーテンレールに取付けできるように、「レール取付用ナット」というものがあります。

カーテンレールのキャップを外し、そこからランナーを出して、「レール取付用ナット」をブラケットの個数分入れます。

このナットにブラケットをビスで留め、ブラケットにロールスクリーン本体を取付けます。

 

 

上の画像の向かって右側は、カーテンボックスなので巻取り部が見えません。

左側は、巻取り部を隠すため、カバータイプにしました。

カーテンレールが目立たないように、ホワイトのカバーに。

 

 

操作方法は、1本のコードで開閉するスマートコード式。

操作コードが1本で長さも短くて済むので、すっきりとしています。

また、チェーンのように引っかかったりしないので安全です。

 

 

畳が入るまでの間、その空間にラグを敷くことに。

シャギーの円形ラグをオーダーしていただきました。