うちのカーテンの紹介。しばらく続きます。キッチン…

うちのカーテンの紹介。しばらく続きます。キッチン編。

うちのカーテンの紹介。しばらく続きます。キッチン編。

わが家のカーテンを紹介するブログがしばらく続く予定です。

訳あって昨年末引っ越しまして、賃貸に住むことに。

カーテンレールは、もともとC型レールが付いていました。

「やだー、このレール。」と言ったら、しかののスタッフに「アパートだからそんなものでしょ。」と軽くあしらわれ、「だよねー。」と納得。

だけど、やっぱり毎日過ごす空間。

気に入らないものは見たくない!と思いません?

とはいえ、何年ここに住むか分からないし、あんまりお金もかけたくない。

そこで、カーテンレールを見えなくしよう!ということで、バランス(上飾り)で隠すことにしました。

そう思いついたのは、昨年秋に行った「窓装飾プランナーのためのスキルアップセミナー」で、「オーダーカーテン+1(プラスワン) ValanceのBalance」という講座を聴いたから。

そのときのブログはこちら→http://www.i-shikano.co.jp/blog/post-167/

今までバランスを付けるのって大掛かりなイメージだったけど、思っていたより気軽にできるんだ、と気付いたんです。

せっかくなので、自分の家で試してみようといろいろ工夫してやってみました。

テーマは、

「作っちゃおう!わたしだけのカーテン。でもあんまりお金はかけません。」

既存のレールをそのまま使って出来ることを考えました。

施工事例はこちら→http://www.i-shikano.co.jp/case/post-46/

まずは、キッチンから。

ガスレンジのすぐ横に窓があるので、ひらひらするカーテンよりブラインドにしたいと思いました。

本当はウッドブラインドにしたかったけど、

・重いのでレールに取付けできない

・レールを外してまではしたくない

という理由であきらめ、アルミブラインドに。

じゃあ、自分だけのデザインにしよう!と思い、タチカワブラインドのシルキー「カラーコーディネートシリーズ フリープラン」という、自分でスラットの色や枚数を決められるブラインドにしました。

使用するスラットの色数が2~10色の場合は、通常の価格(カタログ掲載価格)の15%アップです。ちょっと金額アップするだけで、自分だけのデザインが作れます。

残念ながら、冷蔵庫で半分見えないんですけどね。

使い勝手の良い家具の配置を考えたとき、これがベストだったんです。

けっこう古いアパートなので、間取りも古い。

冷蔵庫用のコンセントがあるところに冷蔵庫を置くと、ダイニングテーブルが置けない。(おそらく、となりの部屋にダイニングテーブルを置く造りになっている。)

となりの部屋はリビングとして使いたかったので、キッチンにダイニングテーブルを置きたかったんです。

おそらく本来リビングとして使う用の部屋は、寝室として使っています。

 

あ、そうそう、アルミブラインドはカーテンレールに取付ができるんですよ。

発注するときに、カーテンレールビスを頼むとサービスで付けてくれます。

ブラケットとカーテンレールビス。

カーテンレールのキャップを外して、ランナーを抜き、レールの中にレールビスを通します。

それにブラインドのブラケットを取付けます。

ちなみに、このカーテンレール、左右で1㎝も高さが違って取付けられていたんです!!!

それはどうしてもほっておけなくて、付け直しました。本当は、アパートの管理会社に言った方がいいんでしょうけどね。

 

ブラインドは、窓側のカーテンレールに取付けて、部屋側のレールには、カーテン生地で作ったバランスを取付けました。

これも生地の節約で、サイドのオレンジの生地は、他のカーテンを作ったときの残りです。

丈の短いフラットカーテンを作っただけの、お手軽バランス!

 

おまけです。

キッチンの前についている照明が、めっちゃ汚かったんですー!